検索
  • yf-iwasaki50

Sept. 2022 Peer Review誌 ベネフィットとアクセス            

査読付き文献の利点

ピアレビューの厳重な査読行程を経る事により、研究の質の保証がされ

、論文や記事本来の調査の質と調査結果の妥当性が格段に高くなります。

また、非常に詳細な主題と複雑な分析に関するオンライン情報データベ

ース(一次資料及び二次資料)の使用により数百万の記事を簡単に検索し

査読済み文献に限定し取得できます。

JAMA, NEJM, Lancet, BMJ, Nature , Science 等々の専門誌は、査読誌

の先達であり、厳格な批評のもと高い品質で我々国際学術出版界でも著

名です。



一方極めて詳細で複雑な分析は、記述統計や公衆衛生の基本的な測定値

などをシンプルに検索しているユーザーにはあまり関係がない場合があ

ります。

記事にアクセスするには、個々のジャーナルやプラットホームまたはデ

ータベースへのサブスクリプション契約が必要になる場合があります。

(多くの大学や研究機関は学生や教職員或いは研究者へのアクセスを提

供していますが、個人にとってはコストがかかる場合があります)


しかしながら、専門誌はよりオープンアクセス化の傾向がある為、種々

アクセス基盤は拡大しています。これらの状況を踏まえて利用する事が

より早く正確な情報を得る事に繋がるといえるでしょう。



Benefits of Peer-Reviewed Literature

Peer-review process ensures that the quality of the research and validity

of the findings are high Information on highly-detailed subject matter and

complex analyses.

Easy to search through millions of articles with online databases Limitations

of Peer-Reviewed Literature

Highly-detailed and complex analyses may be irrelevant for users who are

simply searching for descriptive statistics and basic measures of public health

may require a subscription to journals or databases to access articles (can be

costly for individuals, although many universities and other organizations

provide access to students and faculty)

               © copyrighted by NIH-NLM on Aug.2022


閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示