Touchscreen Computer

ビジネスを、
世界に向けて

海外の学術・技術情報の流通と利用に貢献する

欧米の国際学会やSpringer、 Wiley、 Elsevierなどビッグヘッドと呼ばれる巨大学術出版社グループ、
英国NHSや米国NIHなどとの強い信頼関係をもとに、皆さまのビジネスが世界に向けて飛び立つサポートをします

 

ソリューションラインアップ

  • ビジネスシーンで生じるあらゆる著作権課題を共有し、適切にアドバイスします。皆さんの課題を共有させてください。(画像をクリック)

  • 著作権ライセンス処理の内容が判明している場合、その許諾取得を代行をします。お気軽にご相談ください。(画像をクリック)

 
 

AR&Sの立ち上げにあたり

CEO Yasuto Iwasaki

iwasaki_san_edited_edited.jpg

プロフィール

1975年に丸善株式会社へ入社。事業部門における数々の役職を歴任した後に、

同社eリソースセンター長兼eプロダクツ部長に就任。

我が国の国立大学及び私立大学コンソーシアムの要請を受け、海外大手出版社と外国雑誌や

e-ジャーナルの一括導入に対するパッケージ創案と共に価格交渉を一手に担う。

団体利用でのコスト削減や、遠隔地のキャンパスにおけるIP認証の活用など、

アカデミック分野における利便性の高い利用システムを提供してきた。

2001年からはMaruzen International Co.,Ltd (N.Y. USA)にて、

米国にある現地法人の経営担当役員として事業推進を行い、

ニューヨークを拠点に英国・ドイツ・フランス・北欧などの版元や学会と

デジタルコンテンツの協業基盤を構築する。

この時期には、多くの米国人雇用者と共に事業の礎を築くことに成功する。


2008年からは丸善株式会社を離れ、

一般財団法人医学情報センターのグローバル・ライセンス・ディレクターとして、

数々の転載許諾などの申請処理を行う。

各製薬企業の著作権リテラシー向上の一翼を担い、図表やガイドラインからの抜書きや

各種スケールなど特殊な使用申請依頼にも誠実に対応し、抜きんでたデータ使用の再現率に高い評価を得る。

​また、クライアントである製薬企業の著作権担当者向けにセミナーの講師を務めた。


同時に、公益社団法人関西経済連合会にて、関西デジタルアーカイブ構想プロジェクトの顧問に就任。

1300年の歴史を持つ奈良の寺社仏閣の国宝や全景等を中心に、デジタルコンテンツの作成を行う。

関経連を代表する企業の役員を筆頭に、経営幹部と共に慶應義塾大学メディアセンター本部の協働を得て、

国立奈良先端科学技術大学院大学の協力でデータを超大容量サーバーに格納し後世に残す。

参考:https://www.kankeiren.or.jp/keizaijin/pdf/1212Mokuji.pdf

2021年4月 AR&S代表として新たな一歩を踏み出す

 
リンク集

関連サイト一覧

過去の講演会の様子やお役立ちサイトのご紹介

 

著作権セミナー講師

講演例

製薬企業向けセミナー
「All about Copyright 海外著作権セミナー特別講演
~国際学術出版機関から見た著作権と資材作成時における転載許諾のポイント~」

学術著作権協会

学術著作権協会は、会員団体等(出版者を含む)の著作権を守るとともに、著作物の利用を円滑にし、会員・利用者に共通する利益を図ることを目的としています。

JCOPY

​出版者著作権管理機構

出版者著作権管理機構(JCOPY)は、出版者からの委託を受け、複製を希望する利用者に、出版者に代わって許諾いたします。

Work desk

お問い合わせ

​気になることは事前にお問い合わせください。気軽にコミュニケーションを取りながら、ビジネス課題を100%共有します。

送信が完了しました。

Email: